「あすなろ」の木は,高級木の桧(ひのき)に似た深山に自生する常緑高木で,「あすはヒノキになろう」の意味で付けられた名前です。子どもたちが明日(将来)への大きな夢を持ち困難にも立ち向かうたくましい人間になって欲しい,という私達の願いを当塾の名称に込めています。
 また,「館」には「大勢の人が使う大きな公共の建物」の意味があります。地域のどの子供達にも公に開かれた自由に利用できる学習の場を,恒久的に提供する塾でありたいと考えています。“大津校”ではなく「大津教室」と呼ぶのは,それぞれの指導する場は“校”という“教える場”より,むしろ各地域の学校の一部としての勉強する部屋であり,また,「あすはなろう」と志す子供たちの自ら考え解決するための助けとなるひとつの部屋と考えるからです。その集合体が,「あすなろ学習館」です。
 子供たちは無限の可能性を秘めています。自分の可能性を信じて努力を惜しまない明るい子どもであるよう,また,自己成長を惜しまない大人となるために,預からせて頂いた子供たちに私たちの持てる力を注ぐよう努力致します。
 これらの目的達成のために,日々変わり行く学習環境とその将来を見据えた上で,各地域に適時な最良の学習の場を提供する地域密着型の学習塾を追及し続けます。
←あすなろ学習館のホームページ  教育理念   あすなろ学習館教室紹介→
あすなろ学習館

あすなろ学習館の教育理念
あすなろ学習館のホームページ>教育理念